妊婦に重要な葉酸とは?多く含まれる食べ物と適切な摂取方法

 

妊婦になると、胎児のことも考えて過ごさねばならないのでいろいろと食べ物にも気を遣いますよね。

 

特に初期のころに重要とされているのが葉酸です。

 

葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、代謝にかかわったり血液のもととなったりする栄養素です。

 

胎児の成長にも欠かせない栄養素であり、妊娠中は通常の倍以上葉酸を摂取することが必要とされています。

 

特に妊娠初期に必要性が高まります。

 

この場合の初期とは、妊娠に気付かないような超初期も含まれているので、妊活をしている段階から葉酸を意識して摂取することが望ましいとされています。

 

妊娠初期に葉酸が不足すると胎児に障害が出るリスクが高まるとされています。

 

葉酸はその名の通り、葉物野菜に多く含まれている栄養素です。

 

果物、豆類、海藻類、レバーなどにも多く含まれています。

 

ただ、レバーは妊娠中過剰摂取に注意すべきなビタミンAが多く含まれているので食べすぎに注意が必要です。

 

野菜類を中心に摂取するとよいでしょう。

 

摂取するときにはいくつか注意点があります。

 

葉酸は水溶性ビタミンであり、水にも流出してしまいますし、加熱によっても損なわれてしまいます。

 

そのため、なるべく生で摂取した方が望ましいのです。

 

ただ野菜などから十分な量を摂取するのはなかなか大変なことです。

 

特に妊娠初期はつわりなどもあるので思うように食べられない人が大半です。

 

葉酸はサプリから摂取するのが最もおすすめ

 

野菜などに含まれる天然型の葉酸よりも、サプリなどに含まれる形の葉酸の方が吸収率が高いという特徴もあります。

 

そのため、基本的にはサプリでの摂取の方がよいのです。

 

葉酸は水溶性ビタミンであるため、ある程度多く摂取しても特に体に害はありません。

 

食事から摂取する場合はそもそも吸収率がよくないので、過剰摂取になることはまずありません。

 

ただサプリだと簡単に摂取できてしまうので、適量は守るようにしましょう。

 

一度にたくさんとるのがよいのではなく、適量を毎日とる方がよいです。